只管に、唯只管に自分の記憶のためのメモ用紙。
書いては捨てられ、書かれずとも捨てられる。それならせめて書いてやってはどうだろうか。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.02.28 Tuesday | - | - | - |
I say nothing and must not say.
ただ、耐えるだけで。

昨日、ここには何もないと思いました。
もしかしたら、あるのかもしれない。あたしが見落として、見逃しているだけで、ここにもあるのかもしれない。
そう思って、あるものを数えてみました。
いくらもありませんでした。
ないものを数えていれば、何も見つからなくて、無い無い尽くしで切りが無い、と分かっているんですけれど、やはりないものばかりが目に付きます。
あるものを数えても、……本当に、いくらもありません。

あたし、もしかしたらストレスは肝臓にくるタイプなのかもしれないと思いました。
肝臓にくる=ヤケ酒。
年齢、というリミッターも自分の中でも、社会的にも無事外れて、堂々とお酒が飲めるようになって。下戸だと分かっているからそんなに大量には飲まないけれど、飲み始めたら、止まらないと思う、きっと。
1日1杯のワインは体のために飲むのがいい、と言いますけれど、…そうやって飲み始めたらたとえ飲む量が1日1杯でも絶てなくなる日が来るんじゃないかと、思うと………このまま禁酒を続けていた方がいいのかもしれない。

今日は寒いです。用があって外に出たら風が冷たくて、空気も冷たくて。とても寒かったです。
寒いけど、言わない。言わないんだ。そう思うけれど、言わない。思うだけにとどめておく。あたしが、我慢すればいいだけのこと。
やっぱり、ここには何もないよ。
Here has nothing.

あたしは何も言わないし、言ってはいけない。
2006.02.28 Tuesday 20:56 | まいにちのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2006.02.28 Tuesday 20:56 | - | - | - |









http://miyasakayuki.jugem.jp/trackback/1041

このページの先頭へ