只管に、唯只管に自分の記憶のためのメモ用紙。
書いては捨てられ、書かれずとも捨てられる。それならせめて書いてやってはどうだろうか。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.02.28 Tuesday | - | - | - |
no title
生きることは義務ですか?
2006.02.28 Tuesday 01:08 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2006.02.28 Tuesday 01:08 | - | - | - |









http://miyasakayuki.jugem.jp/trackback/1039

このページの先頭へ