只管に、唯只管に自分の記憶のためのメモ用紙。
書いては捨てられ、書かれずとも捨てられる。それならせめて書いてやってはどうだろうか。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.02.28 Tuesday | - | - | - |
I feel like having come very in the distance.
アネの引っ越し作業の一環として電話回線の工事とガス開栓に立ち会ってきました。こういうサービスって何で平日昼間しかやってないのかな。アネは文句たらたらでした。
アネの新居に自転車で向かって、着いてからしばらくして電話回線工事請負会社の人がやってきました。手際よく30分くらいで繋いでいて凄かったです。…と言っても工事の様子はほとんど見てないんですけども。
13時くらいにガス会社の人がやってきて開栓してくれました。ガスがちゃんと開栓されたかチェックするのにコンロをセットして点火したらなぜか左だけ調子がおかしい。右とグリルはちゃんとついたんですが、左だけ捻ったつまみから手を離すを消えてしまいます。何度か試してみましたがどうしても駄目で、「これはバーナーの初期不良だねぇ」とガス会社の人に言われました。まあとりあえず右とグリルはちゃんと点くので無事開栓できたということでガス会社の人は帰って行きました。
あたしも長居はいけないと言われていたのでアネの新居を出ました。
アネの新居はなかなかいい所だと思います。今のところみたいに目の前道路じゃないからのどかだし。玄関入ってすぐ開けてるから広くて明るい気がするし、実際南向きで太陽光まぶしいくらいだし。クローゼットも綺麗だし、お風呂は半分自動。テレビインターフォンがあって洗濯機と電子レンジ、冷蔵庫とガス台は据付。天井も高いし、壁紙も小花柄でなんか可愛いし。
特にあたしが気に入ったのは天井が高いことです。今アネが住んでいる所は決める時にあたしも一緒に見に行ったのですけど、どうも天井の低さが気になりました。そう言ってもアネも、不動産屋さんもあたしが前に住んでた所がロフトだから、ロフトに比べれば低いのは当然、と言ってあまり気にしてないようでした。事実アネはそのまま気に入って決めちゃいましたし。ロフトだってことを差し引いても低いと思ったんですけど…
家具も何もない日当たりのいい部屋で麗らかな午後を1時間も読書して過ごしたもんだからあたしはいったいどこに来たのかな、と思ってしまいました。ここはアネの新居だと分かっていてもここはどこなのかな、あたしはどれだけ遠くに来たのかなと思ってしまいました。

綺麗ないい部屋です。

随分遠くに来た気がする。
2006.02.13 Monday 19:04 | まいにちのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2006.02.28 Tuesday 19:04 | - | - | - |









http://miyasakayuki.jugem.jp/trackback/1028

このページの先頭へ